伊達之都 仙台藩家臣団
     仙台藩家臣団
 仙台藩六十二万石は、加賀百万石、薩摩七十万石に次ぐ大藩でありましたが、大藩の例に漏れず家臣の数は膨大で、直臣・陪臣を併せて三万三千人余人でありました。その統制と秩序保持のため、戦国期から家臣団が編成され、四代藩主伊達綱村公の時代までに家臣団の格付けが確立しました。
一 門・・・・・殆どが伊達家との血縁関係にある戦国期の大小名。一門は藩政には関与せず、藩主名代などの形式的な役割を担った。
一 家・・・・・在地領主から伊達家に臣従し、戦国期から藩政初期を通じて大功労のあった諸氏の家格。
準一家・・・・・主に主家の没落や伊達家内応で一家に順じた待遇の家格。
一 族・・・・・伊達家譜代の家臣の家格。
宿 労・・・・・代々奉行となる家格。
着 座・・・・・正月の賀礼に登城し、藩主に太刀・馬目録を献上し、各班列をもって座し、藩主から盃を賜る家柄。
太刀上・・・・・正月の賀礼に太刀を献上し、藩主から盃を頂戴できる家柄。
召 出・・・・・正月の宴会に召し出される資格のある家柄。なお、着座・太刀上・召出は政宗以降に確立した家柄。
平士・大番士・・・仙台藩の戦闘主力たる分団大番組にある者。政宗時代に編成され、四代綱村の時代に再編された。一組三百六十人で十組存在した。
組 士・・・・・平士の下の武士。小姓組・徒組・番外士・鷹匠組・不断組・給主組・名懸組・同朋・茶道・大所人・馬乗・伯楽・乱舞などをいう。
 このたび、伊達家第十八代当主伊達泰宗氏の監修により、藩主、姫君をはじめ仙台藩家臣団をトランプにさせていただきました。ゲーム用としてだけでなく、仙台藩家臣団のピクチャーカードとしても楽しんでいただけるものと思います。
仙台藩家臣団トランプ
ST-1
仙台藩家臣団トランプ
1,890円

インデックスにもどる次へ戻る
All Rights Reserved. Copyright(C) . 2000 Datenoren